スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる夫達は殺してでも奪い取りたいようです 「制作の裏話」

852 名前: ◆oaBR3uEV0A [] 投稿日:2012/08/07(火) 22:34:55 ID:dWBARCVU0




        ノ´⌒`ヽ
    γ⌒´      \
   .// ""´ ⌒\  )
   .i /  \  /  i )
    i   (・ )` ´( ・) i,/
   l    (__人_).  |       みなさんこんばんは、作者の代理のぽっぽです
   \   `ー'   /
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\        おかげ様をもちまして、この作品を終えることが出来ました
  リし       '′ ',),
 /しし        ::::i ))        これもひとえに、この作品を読んで頂いた皆様のおかげです
 ししん       ::::|ん)
  し/i    、  ::::/U/         ご意見、ご感想、叱咤激励、本当にありがとうございました。
    \_   _) ::/
      ヽニノ'´


853 名前: ◆oaBR3uEV0A [] 投稿日:2012/08/07(火) 22:35:22 ID:dWBARCVU0


          ノ´⌒`ヽ
       γ{VVVVVVV}\
      // ""⌒⌒\  )
       i /  \  /  \)
       !  (・ )` ´( ・)  |               至らぬ作者であり、物語の筋書き、そして結末……
        |   (__人_)   |
       > ,、`ー' ,、  <                手放しでお楽しみ頂けるものではなかったのかもしれません
      .〔¥\  l>0<l  /¥〕    n/"ノ
     /__/ 〉=   ,へ  =〈【SE】 /::\/         それでも毎回の投下を楽しみにして頂いた皆様に少しでも
    ./ / |=       =| \` -'::::::::::::>
   /::::::::/ `l=        =l'  ` - \/            お楽しみいただけましたら幸いです
  ヾl lu'  (\       ./)
   ヽ/  |:::\\__//:::|
      [二二二] [二二二]
       |   /  (   )
       |___/    |___|
       |:::::::/    |::::::::|






        ノ´⌒ヽ,,
    γ⌒´      ヽ,
   // ""⌒⌒\  )     さて、この物語ですが、当初は主人公であるやる夫とやらない夫に
    i /   ⌒  ⌒ヽ )
    !゙   ( ・)` ´( ・) i/       現実の世界では叶わない「横恋慕の成就」をさせた後で、不思議な力を使った代償を
    |     (__人_)  |  ∩
   \    `ー'  /∩ノ j     支払わうことになるといった筋書きを考えていました
    /       .\ヽ  ノ
             /  j

854 名前: ◆oaBR3uEV0A [] 投稿日:2012/08/07(火) 22:35:47 ID:dWBARCVU0



                             __,.  -─-- 、_
                         , - ' _,´ --──‐-   )                      ※ AAはイメージです
                       ,イ´__-___,. -‐ '__,. - '´
                       `ー----, - ' ´ ̄ ``  、__
                         __,ィ            ヽ. `ヽ.
                      ,  '⌒Y  /     、ヽ    ヽ  ヽ.
                     /    /  i   /l/|_ハ li  l i   li   ハ
                 .    // 〃 /l  i|j_,.//‐'/  lTト l、l   j N i |                     ノ´⌒ヽ,, :
                    {イ  l  / l  li //___    リ_lノ lル' lハ. ソ                : γ⌒´      ヽ,
                    i| /レ/l l  l v'´ ̄  , ´ ̄`イ  !| ll,ハ                 //""⌒⌒\  ) :
                    ハ| ll∧ハヽ ト、 '''' r==┐ '''' /l jハ| ll ll             :  / ") /   ー ヽ )
                   〃  ∥ レ'¨´ヽiへ. _ 、__,ノ ,.イ/|/ ノ ll l|               / /  (>)` ´(<i〈 :
                   ll    ll {   ⌒ヽ_/ } ー‐<.__  ′  l| ∥            : 〈 〈 U   (__人_) | 〉
                  ∥    ∥ ヽ,   /、 〈   |:::::::| `ヽ      ∥              \ \     ' // :
                  ∥       {.  ハ ヽ Y`‐┴、::::v  l      ∥             :  〉       /
                  ∥      |iヽ{ ヽ_ゾノ‐一’::::ヽ. |      ∥               /       /
                  ∥      |i:::::`¨´-- :::......:...:.:.::.}|     ∥              〈   ̄ ̄)  ̄)     .
                  ∥      |i::::::ヽ._:::_:::::::::::::::::::_ノ |     ∥               7  /  /
                  ∥      |i::::::::::::i___:::::::::::/  |              _,,..-―'"⌒"~ ̄"~⌒゙゙"'''ョ
                                                    ゙~,,,....-=-‐√"゙゙T"~ ̄Y"゙=ミ
                                                    T  |   l,_,,/\ ,,/l  |
                                                    ,.-r '"l\,,j  /  |/  L,,,/


                             好きになった人は、既に他の人の彼女だった………

             その経験は作者にもありますし、皆様の中にもそんな経験を持たれている方はおられるだろうと思います

                       それでも告白して、こっぴどくフラれた方は少ないとは思いますが……

                 この「横恋慕」で経験した無念さを、やる夫とやらない夫で晴らせないものかと考えたのが

                                  この作品を創るきっかけでした。

855 名前: ◆oaBR3uEV0A [] 投稿日:2012/08/07(火) 22:36:42 ID:dWBARCVU0



    i^\
  .  ∩\\  i^.
    | ヽ、 /`ー〉 ヽ                   ,,__,.___
     '.__ ヽ __ /   ' .               ,,,///////j;|. |    ̄   .|\_lj////∧
      \   \  /        ,,.≦//////////ハ   \   /     |ゝ////\                 ―― .
        \__,  l |        //////∧V///////;.\─、  ,/     .////////;\            /      : : `
          i     |     /////////∧V////.////;.V    " ̄ ̄//////////∧           '        : : : : :i
          |    |    /////////////V///.://////j    :゙ ‐=/////////////∧          .    j ./    .;
          |     ヘ  /¨\/////////////////////|l   i,  ///////////////∧            r' 、__ メ ゝ,,_,; .:/
          ,     ∨    \//////////////////,|i   __///////////////// ∧        |r ゙  / `ー‐ ' /
            |       |   / ∨/////|///:////////|    Yイ/////////////////        | ー- イ   "j /
            |     /  ノ   ∨///_∧//////////,|      |/////////ノ l///////       _∧ ´ニ‐  ̄ ィ
  .        八=          /¨∨/////////////j|- ↑ キ//////////////////|      __j1/ l ' .   / .| ̄し;
            \           /    ∨////////////j|_ ̄ /.////  //////,.イ ̄ ̄
             \l__ィ_, イ      ∨///////////j|   { |///  //////|   ─=         ↑
                             ∨//////////j|    l .|//j //////:::|    l        本来はこのような顔がある
                                i///////////|    |/////////:;;;人   /

        「横恋慕された結果、彼女を奪われる」立場になる、黒井先生の彼氏に特定のキャラクターを当てなかったのもそのためです

              AAはやらない夫の顔以外のパーツをつかっていましたが、これはやらない夫に感情移入されている方

              「横恋慕」した人の恋人に好意を持っていた方に、ご自分の恋敵を投影して頂きたかったからなのです

856 名前: ◆oaBR3uEV0A [] 投稿日:2012/08/07(火) 22:37:46 ID:dWBARCVU0


                   ノ´⌒ヽ     !!
               γ⌒´     \
              // "" ´⌒ \  )
              i;/   _ノ  ヽ、_  i )
              io゚((・ )) (( ・))゚oi,/
              l   (__人__)   |               しかし、作者は物語を進める内にある違和感を感じていました
              .\  ` ⌒´ _/
             /´          `\              そして、「連理丸」の設定を投下してから、違和感の正体に気付きました
            /  /         l  l   .___
          __l  l_¶_____/_/__/     ヽ       それは
            \, ´-'ヽ  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|  l二二二二l             「不思議な力で無理やり思考を変えた人間は
             ヾ_ノ   | '''' '   |  l二二二二l              もはや思考を変える前の人間とは異なるものである」
             |. 9=ε-8 | '''..--  |  l二二二二l:::..
                                           ということでした












                ノ´⌒`⌒`ヽ
            γ⌒´        )                                γ´⌒`ヽ   /⌒))))
            ./´  ノー´⌒´⌒ ̄| ⌒ヽ                             /      `⌒γ  \
           /   ./        .|   ヽ                           (  /⌒ `"" \\.  )
           / / ̄         \_ .|                           ( i  ⌒   ⌒  丶 i:  |
  r‐-、   ,...,,  .| .|   へ、   /ヽ   | .|                           丶,i (・ )` ´( ・)   i:  l
  :i!  i!  |: : i! /\| / =ヽ、 ノ= \_ |/ヽ                            |  .(_人__)    l  l
   !  i!.  |  ;| |. (  ヽ_●_ノ | ヽ_●_/   .) .|                           丶  |┬|   /  /
   i! ヽ |  | \./   ―  / ` ―   ヽ/  政治家が馬鹿では               〈  'ー´  7´  /   トラスト・ミー
   ゝ  `-!  :|    (   _ノ(  )ヽ_   )                  →          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  r'"~`ヾ、   i!   ヽ     `!´     ノ     国が持たぬ                 |) ○ ○ ○ ○(|
 ,.ゝ、  r'""`ヽ、i!   \__  ` ー'´  __//`T                           /″          \
 !、  `ヽ、ー、   ヽ‐''"`ヾ、..\__,/‐'",..-'"                          /________   \
  | \ i:" )     |   ~`'''ー---―''"~                          ((    ̄ ∪∪ ∪ ∪ ∪∪  ̄


                びふぉー                                     あふたー



          「横恋慕」の成就というものは「自分が好きな人間が、あるがままの状態で自分になびいてくれる」ことで成り立ちます

       人間は心変わりに後ろめたさを感じるものであり、横恋慕や叶わぬ恋を扱った作品においても、それが物語の根幹を成します

                         一人ともう一人の人間との狭間で、愛の感情に揺れ動く………

         これが無くて、ホイホイ横恋慕する人の好意に応じては、単なるプレイボーイ、愛されガールのお話になってしまいます

857 名前: ◆oaBR3uEV0A [] 投稿日:2012/08/07(火) 22:40:30 ID:dWBARCVU0


            ノ´⌒`ヽ
         .γ⌒´      \
        .// ""´ ⌒\  )
        i /::  _ノ ヽ、_ i )
        l :::. (- )` ´( -) i,/                 このため、本作は人間を造り変える不思議な力を物語に導入している時点で
        \::.  (__人_) ノ
        /´  ` `⌒´ ヽ  m∩               「横恋慕」の成就というテーマからは破綻していたかもしれません
       /  | |   / |  { _ノつ
       /   | |  / | γ´ ,ノ                 しかし作者には、不思議な力を使わないで「横恋慕」を成就させる
      /   l | /   `ー-'′
     __/    | ⊥_ーー 、 _____________________________良い方法がどうしても思い浮かびませんでした。
   / ヒ|  `ーヽl_l_l.} 、 丶、万 / 壱//万 / 壱//万 /|
 / 壱(、`ーー、ィ   } ̄`   ノ/ 壱//万 / 壱//万 /|彡| メタボで卑屈、対人恐怖症に近いやる夫
 .壱//`ー、、___/`"''-‐",´壱//万 / 壱//万 /|彡|彡|
 //万 / 壱//万 / 壱//万 / 壱//万 /|彡|彡|/  努力家ではあるが、関係の破綻を恐れて告白できないやらない夫
 |__|≡≡.|≡≡|__|≡≡.|≡≡|__|≡≡.|≡≡|__|≡≡|彡|彡|/
 |__|≡≡.|≡≡|__|≡≡.|≡≡|__|≡≡.|≡≡|__|≡≡|彡|/       ジョセフさんを便利キャラとして使いすぎるのも
 |__|≡≡.|≡≡|__|≡≡.|≡≡|__|≡≡.|≡≡|__|≡≡|/
                                          物語としてはどうかと思いましたし

858 名前: ◆oaBR3uEV0A [] 投稿日:2012/08/07(火) 22:40:58 ID:dWBARCVU0


                       __                     ,':.                               .:.:.l
               __ - ´´ ̄       `¨ ‐ 、                   |.:.:                               :.:.|
           , -'"´:                 丿   ヽ                 |         |!                          :|
        /. : : : :          _/  、 丶           |           {、                       .:.:.:|
        ,,.'. : : : :             / /::::::ヽ l   ヽ、          l!         _                      .:.:.:|
       /. : : : : :              {  {:::::::::ノ !   ヽ          ヽ        ィユョ=、                        :.:/
      /. : : : : :                丶 ` ´ ノ       ヽ         l!     _.イ´ __..::                      :,/
    /. : : : : :                    `ー‐ ´ /       ヽ        { ー=ニ´`エ升::.、ア..:                     |
   ./. : : : : :                    !、     人ノ        `i! :::::...ゞ- '´..::                          |
  /. : : : : :         U            `i` ニ二-- i         |          __      |            ゝ.
  /. : : : : :                            `´       l         |           , '    ` .      |       |       \ー-、
 ,'. : : : : : :                               /         l               ` .   .|      |        //イ
 i : : : : : : :                               /        /                     l   l      |.      /三三\
 i : : : : : : :                                /         l                   ノ   j     |:..    /三三三三\
 ', : : : : : : :                              /         ゝ.              /   /  .    |::.  /三三三三三三\
 ', : : : : : : :                         /            `ゝ-‐―――――一     /      |::::./三三三三三三三三\
  ヽ、: : : : : : .                      /                  \          /       /三三三三三三三三三三\
   ヽ、:_: : : : .                    /                     ;       , '   _      |三三三三三三三三三三三三!、




           悩んだ結果、不思議な力を使った二人には、得るものと代償を半々とで受けてもらうという結論に達しました

             殺人を犯さなかったやる夫には「好意は得られなかったが、想い人の心は手に入れた」という結果が

             殺人を犯したやらない夫には「想い人の身体は手に入れたが、心は手に入らなかった」という結果が

                            それぞれもたらされたのは、このためです

859 名前: ◆oaBR3uEV0A [] 投稿日:2012/08/07(火) 22:43:02 ID:dWBARCVU0


          r"`ヽ、
           \::: \   ブゥーメラン ブゥーメラン
            \::: \
          ノ´⌒`):  )
      γ⌒´   /::: /    最終回のジャイアンを通じて述べていますが
     // ""⌒〈:: / )
     i /   ⌒ 〈/ ヽ )     作者は「無理に大きな結果を求めれば、必ずその揺り返しが来る」という持論を持っています
     !゙   (・ )`┃( ・)i/
     |     (__人_)  |        郵政解散の次の総選挙での民主躍進しかり、無理な拡張企業の末路しかり………
     \    `ー'┃/
      /   ∩  ヽ           物語にそこまで求めなくても!という意見もあるかと思いますが
      /   ⊂ニニ_)
     〈   ヽ-' ノ             主人公達だけが上手くいき、笑いが止まらないって話は作者には無理ですね………
      〉__〉 ̄〉__〉






        .トイ
        .トイ
        i三i
        〃 ヾ、
      〃    ヾ、
     〃  ノ´⌒`ヽヾ、
   〃γ⌒´      \ヾ、
  〃.// ""´ ⌒\  )ヾ、       そして作者にも悲劇を描いてみたいという気持ちがありました
  || .i /  _ノ ヽ、_  .i ) ||
  || i  o゚⌒` ´⌒゚o  i,/ .||        作者は大団円が一番好きなのですが、ビターエンドにはビターエンドの味があります
  ヾ.l   (__人__)   | //
  (⌒)、._  `⌒´  _,(⌒)           それでも、やる夫達の結末をはっきりとは書かずに、希望・絶望・もしくは現状維持と
  / i `-=====-'i ヽ
 l___ノ,、        ,、ヽ__.i           いう形に取れるようにしたのは、悲劇を描き切るという覚悟が足りなかったのかもしれません
    l        l

860 名前: ◆oaBR3uEV0A [] 投稿日:2012/08/07(火) 22:43:38 ID:dWBARCVU0


        ノ´⌒ヽ,,
    γ⌒´      ヽ,
   /  / "⌒\  )              ですが、どうしても感情移入したやる夫とやらない夫を不幸のドン底にまで落とすことは
    i   /   \  /、 ) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7
    !  /  (・ )` ( ・)|-―- 、       /    出来ませんでした。
    |,,/     (__人) |友愛  >       /
   \      `ー' /\⌒/        /      悲劇を描き切ることの難しさを痛感した次第です
    /       <   ゚_//       /
    /         \/ヽ_) ゛   /         さて、後の制作時の裏話と言えば……
   /       /\  /

861 名前: ◆oaBR3uEV0A [] 投稿日:2012/08/07(火) 22:44:33 ID:dWBARCVU0


       ハ       /  、.       <_ リ  l|__  l         , '´ l:::ハ \   /    \     \\ ヽ
       /__l     i l__ ヽ        ̄ヽ    ̄l`      /    l::::∧  ヽ/      ヽ    \\ \
         }     ` /  ̄`          V     l> ___,ノ      l::::::∧   ヽ\      ` ー- ..__} |  ヽ
         l ,.=、   /             _____∧    l  ̄  、vLL,、   l:::/ハ   ';:::\ノ   __      〉  ハ
         ! |  〉  /        三 ̄  ニ三V  __ l  ミ     彡 ./l//l/ミ{ 、  ヽ::::::\ /  `ヽ   /    〉
     .   l レ'   i        三      三ニV〈 ll  三    三/  l l/ r',ハ.l\   \::::::\    /ヽ    /
     .   !       {_    _,..-‐三     三二 ヽ!l /ハ     ミ / V! 〈rッ!l  \.  \:::::ハ  /l   }   /
         '.    (_/   /     彡'ィ,.,.ノ  三  l/ /ハ,  i川 /  ./ ヽ._`ソ、/ _\.  \::∨  l   /   /
         ヽ__    \ /       彡    ,.ノ//l  l> ´小川 !  ,ィ乍 ___l_/,. /T_rッ 入   \   /  /
           | /      >‐-- ..,__  彡二 ̄  彡!  l ー‐‐' | |.  |彡',ィモ、 し'-‐'ヽ.__二ィ彡丶、 l  / /〉 /|
          ´ `丶、 r=、       >-=ニ    i彡! _l_    l l  l彡| Y´`ー-ミ、 /  /--1:::::::`|ヽヘ._//  |
              `|/ー---ェァ'´ ─‐、 ヽ     | (_/    ! '.   l彡!、\__ノ:ノハ´lli/ニシ´  ̄ /        \
            三三    ////∠、   )ノ     ! 人   /ミ ',  Vへヽ--イ//Lレ'/    、/
            三二     /   ヽ /      レ' ̄ __ノミ   '、. ヽ┴〒"¨ ̄./  、ー┘
             三彡    彡     ノイ    /   ̄トミ、     \/   |__/      \
             三彡    彡ィ=-イ ⌒ヽ   /     lミミ       /         .:::::::::::::::::> ワシは息子ほど
              彡'/      / '⌒ヽ|          ヽ       /       ..:::::::::::::::::/
              ///    /ハ    /´ ̄\      ト、    /    ....:::::::::::::::::::::::<     甘くはないぞッ!
                //////ハ   /     ヽ    ,ノハヽ  /......::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                  ト、/////ハ,.        〉 /ill || l |/__:::::: -‐ ¨ ̄:::::::::::::::/´ ̄|     死ねいッ!邪教の僕よッ!!
                   /`  _/ // //ハ/ハハ小|/川 || || | |         ,. '´下、   ヽ
                ∧   ( ヽ  ////ハ  ヽ|川lノ | |∥| | |----‐一'  /  /  |   ノ
              / Lノ  /  ̄   | li    il |l ノノ ノ   _.. -‐= ´-一' ̄\∧  )
          、_ /    __/        | l.i ぃvリ      /               / <
     .      |  ̄)   〈__,>           { | l 川ノ       / ,. '" ̄ ̄`ヽ´ ̄ ̄ ̄ ̄`{   }


                            物語の中で良き隣人以上の活躍だったジョセフさんですが

           実はその正体はイエス・キリストの父である「ナザレのヨゼフ」とする予定でした(息子のくだりがあるのはそのため)

         ハクの家がカトリックなので、息子の信徒を狙う連中を止めるためやる夫の「良き隣人」になったという設定だったのですが

                       この物語が宗教大戦になってしまうと思い、その設定はボツにしました。

                                まぁ、でも神がかった読みは健在ですがw

862 名前: ◆oaBR3uEV0A [] 投稿日:2012/08/07(火) 22:45:04 ID:dWBARCVU0


          ノ´⌒`ヽ
      .γ⌒´      \    さて、皆様におかれましては長らくこの物語にお付き合い頂きましたが、
     .// ""´ ⌒\  )
     i /::  _ノ ヽ、_ i )    このあたりで物語の幕を完全に降ろそうと思います
     l :::. (- )` ´( -) i,/
     \::.  (__人_) ノ       前の投下で「作者は作品で語るべき」と言っておきながら、こうした後書きをしていますが
     /´  ` `⌒´ ヽ
                      作品が完結した故の寂しさから来る独り言と、ご容赦下さい







         _ -‐-‐ァ                   __
       <三ニニL.                   _j‐-.三>
       {:::rj  !                   `ト、::::::j
      _ノ==-く                     ,>ーヘ、
     / {    _,.>                    r=, ̄ ̄ヽ、    さて、今後のやる夫スレの制作予定ですが
.     L-!     | (|                     | |    ハ
    丁 |    Lニ|                /、_j  i   L.|     時間が許せば以前埋めネタで投下した「御神楽少女探偵団」
     | ,ハ____l l      ノ´⌒`ヽ      !`7′ !  |「 |
     | | {:::::::::::::::ト, l   γ⌒´      \   ノ ハ―-― .{l !     制作したいと思っています
     | 〉|::::::i::::ヽ| |_j  // ""´ ⌒\  ) rヘ/ |::ノ:::::::::::ハ |
     ` !:::::i:::::::i|   i /  \  /  i ).|  .l:::::::::i::::::| L!      しかし、どれだけ先のことになるのか………
.        |:::::i:::::::::!    i   (・ )` ´( ・) i,/  |  |:::::::::!:::::|
      l::::::〉:::::/   l    (__人_).  |  |  !::::::::!:::::!         確実にエタるのであれば書かない方が良いですからねぇ………
      |:::/:::::/     \    `ー' ヌ.____ノ   !:::::::i:::::|
      |/:::::/        |i   「`´          |:::::::i:::::|          もし制作するのであれば予告はどこかでしたいと思っています
.       /:::::〈_        ヽヽ l            |:::::::l:::::|
      `ー一′        | l 〈_         |:::::::ト-′         それでは皆様、長らくのお付き合い、誠にありがとうございました
                  `'ー′         └‐┘

863 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2012/08/07(火) 22:49:00 ID:2psetrWE0

   お疲れ様でした
   また、次回作が出来たなら予告で知らせてくださいね
   できたら分かり易いようにそのアバターでw

864 名前: ◆oaBR3uEV0A [] 投稿日:2012/08/07(火) 22:49:02 ID:dWBARCVU0

   以上で「やる夫達は殺してでも奪い取りたいようです」を完結させて頂きます。

   しばらくしましたら過去ログの申請を行いたいと思っています。

   後書きを投下させて頂きましたが、まだまだ良く分かっていない点について質問がございましたら

   残り分量が許す限り、お答えしていきたいと思いますので遠慮なくご質問下さい。


   それでは、この作品を読んで頂いた全ての方に感謝して筆を置かせて頂きます。

   ありがとうございました!

865 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2012/08/07(火) 22:49:58 ID:uDRuW1XM0

   乙かれさまでした

866 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2012/08/07(火) 23:19:57 ID:5WtSZg7s0

   お疲れ様です

867 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2012/08/07(火) 23:54:54 ID:VOtUBvkA0

   おつでしたー

868 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2012/08/08(水) 00:34:36 ID:opNWuKmI0

   お疲れ様でした、素晴らしい作品をありがとう!

869 名前:名無しのやる夫だお [sage] 投稿日:2012/08/08(水) 02:25:05 ID:/DK/esGE0

   お疲れさまでした

870 名前:8月11日に短編祭りだお [sage] 投稿日:2012/08/08(水) 06:02:36 ID:ZbemmCRU0

   乙かれさまでした

871 名前:8月11日に短編祭りだお [sage] 投稿日:2012/08/08(水) 08:21:19 ID:mKyeXnd.0

   乙でした。次回作も期待しています。

872 名前:8月11日に短編祭りだお [sage] 投稿日:2012/08/09(木) 10:34:55 ID:85pCVG460

   お疲れ様でした!とても面白かったです!

873 名前:8月11日に短編祭りだお [sage] 投稿日:2012/08/09(木) 16:56:27 ID:Ul/DKhIE0

   おつっしたー!
   すげぇ考えられてるなぁ



関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

≪PREV | HOME  | NEXT≫
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

やる夫遊歩道@管理人

Author:やる夫遊歩道@管理人
やる夫系の話をまとめてます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。