やる夫たちはアフター0にいるようです 第十一話 闇の中のささやき

685 名前: ◆lPdP2cTWPk [age] :2011/09/05(月) 01:51:47 ID:bydqyZhk

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
   ┌───────────────────────┐
   │                                  │
   │   あなたは深夜、誰もいなくなったオフィスが     │
   │                                  │
   │   けっこう騒々しいのを知っていますか?         │
   │                                  │
   └───────────────────────┘

      ______                        .|   \
     iヽ\/ ̄ ̄|「]    _____________.|.      \
     |, |二二二二|     |\                \      \||
     |, |___LI.|     |. |二二二二二二二二二二.|       \
     |, |___LI.|__ | .|  |;;;;;;;;;;;;; l二二二l;;;;;;;|  |.        \
     ヽ|____|   ..\|_|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; | | ,;;;;;;;;;; |_|           \||
        _ lilヾ二二l_r──、___ ./ | \     \
        ||\  !、l ___i_i`i__i  \.           \
        ||..__\._..,||\__\ .f'´ヽ::.. \.           \
         |\ _ ||/ ! i  | |、rt |:   \ l\        \
        |\. \ヾ\|__.i___/ ヽくヘj      \ il.          \
        |  i.\.\(D~^'   \         \.           \
        \|_,\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
        //ヽ  .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
             ||_____|| |_____||
.


web拍手 by FC2
関連記事
スポンサーサイト



やる夫は神槌戦争を戦い抜くようです プロローグ

1 名前:オムニやる夫 ◆lhSKQ2B1EQ [] :2011/02/25(金) 06:43:25 ID:lsqI1lNk

        ,、- 、,,,__  _,,,_ .    ,,、-ーヽ
       .<::   ...~'''ヽ、’ヽ∠::::  . |
        l:::   ....,、-''~~    .~''-、 |
        入:: , /          ヽ、
       /..ヽ::::/=- 、,,,_   ,    . ヽ        最強のあたいがこのスレの説明をしてあげるわ
        | .....〉/.....~''ー--, _'' / |ー-l-λー'''~.'
        |..../..l.......''".''7''-、'’ l ~l,''/_|_,,''i~、.l        ・このスレは工画堂スタジオより1998年に発売されたPCゲーム
        |/:/..........l"'',.-.、 ./ / l/~ レl::l:::i:::|         『シークエンス・パラディウム』を元にした二次創作スレよ
- 、      |ヽ:::l...........,.', i,l;';i ' / ,;:';,~",:/|:/l/
ヽ  ~''ー、/ ....ソ    .l 〃"  、 '-' ,'./ レ_ rt       ・キャラ、設定、ストーリーにかなりの変更があるから
 ヽ  .’' .レ,..、レl λ..,、 |  r ー , 〃/ i ーi.i ,| |        原作ファンには先に謝っておくわ
.ヽ ヽ    \.\レλレリヽ’、 _ ノ, -''" リ   .|.| | L,,__
 .ヽ 、_   .ヽr'--<-、 ヽ、" yヽ、_    |_|r| |: | .l''i    ・ここの>>1はやる夫スレを読んでまだ一年の未熟者だから
   ' -、、' - 、,/:   .ヽ ヽ  |ヽ, .i::kヽ    〈 つUしJ     AA技術等には期待しないでね
,,、 -ー---"'、y'::::    ヽ,::'.、_,|,,、V、。ゝ_\  .l  '  .ノ
、-''''''''''' ー-/.:::::::...    )k',__ ___,,,、-''|, .|  〉  イ     ・過度のコールドストームの使用は
.、ヽ、_、、、女 -、、_  ./ ヒー- 、、 -ー''"|、 | /:: . /      あなたの知能を損ねるおそれがあります
 ヽー──'''''''.ヽ,   ~_'イ i "ー--ー''''"~ | "l/::  ./
     ,, -'' "~~|'''' ~ _,.!:::::ヽ____/ ./'::: . /
   /     ,、'"|'''"-''"~. ̄     ’. 入 .  /
 <_  - ' /. l......................_,,、、- ''"~ ..!::. /
    ~"'''''"~   .ーyー ''"~::::::::::::::::::::::::::::l"''"
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ..|


web拍手 by FC2
関連記事

やる夫は神槌戦争を戦い抜くようです 第一話『理想郷ファンラント』その1

26 名前:オムニやる夫 ◆lhSKQ2B1EQ [sage] :2011/02/25(金) 21:00:32 ID:lsqI1lNk

.         ∧                ∧
        / |                 / |
.   | ̄\  |  | ,ィ´:\,ヘ、/´:\,ィヽ,ィ´:\|  |,/ ̄|
    \  ヽjィ /: : : : :": :/ : : : : : : : : : : : :ヽf/  ,/___
     `>‐-,イ: : : : ; : : :; : : : : : : : : : : : : : : :ヽr'´: : :`ヽ.
      f´: : :メ : :. : : :./: : :/: :| : : : : : i: : : : : : : :、:`ヽ;.: : : |
      }: : :,イ: : ::: : :./ :;ィ´i: : i: ::: : : .:|: ::i: : : : :.:i: : ::ハ; : : :{
     |: ::/: : : ::: : :〈: .:|  |: : i.: ::: : : |ヘ;:|: : : : : :| : : : :|; : : |
.    |:.;/:,: : ::::; : ::γ:|⌒ l: : :i::::: : :;7 |:|ヤ~ヽ: : :| : : :i::|: : .|
    |:.メ : :/: ::::i: : ;メ|:|  ヽ; .:i::: : :7 リ ∨: : : ::|: : :fj::|: : :|     らぁーらららら
    |:{: :;ク: : :::|: : : 7リ --‐ ヽリ::: :7 ‐-- V: : : :|: : :メレ'::; .:|  < 9じぴったん♪
    |:.|/:|: ::::;;;|: : : 7 ミ三彡 `ヽ/  ミ三彡V: :リi:.:/:: i:;λ:|
    |: ; ;:ヽ、;{_{:: : :7 xxx       xxx ハ:/::|/|_}: :|リ |::|   投下開始だよ
    |λ:|: :`ヽ|、; :7、      _'__     ,ハ::: : λ:::::: | |:|
    リ | :|: : : ::|:ヽ;:|::;ゝ 、 __  {__,丿 __ ,.ィ´|::::: : ;八:::::: | リ
     丶|: : i::|: :::::i::|_,r-ュ-ニァーtニ‐r‐t、__|:::: : :j ヽ、:::|
       〉::/i:i|: :::ヽ;|ヽ、\ ´   ` / ノ  }:::: : :|  ヽ:;|
      /;ノ リ `ヽ: :::| ヽ__`>ー<´,.r'  リ|: : :|ヽ、  `
       '"  /´  ヽ;::|   //^‐-‐^ヾ、、  j:.: :/  }
         }   丶:|  //      ||  //   j
           |    i ,.. ||   ,r‐、   || '゙    }
         {    i i jj  ζ::::::::)   ||/´    /
           |       |〃   Y´`ヽ、 /    /
         |     |    ヽ、〃`/    /
            |     |      `/    /


web拍手 by FC2
関連記事

やる夫は神槌戦争を戦い抜くようです 第一話『理想郷ファンラント』その2

183 名前:オムニやる夫 ◆lhSKQ2B1EQ [] :2011/02/25(金) 22:41:34 ID:lsqI1lNk

ハーブ菜園


。.:;,:; ,:: .., ,..;,:: .:. 。.,:; ..;;: ..,, ;..,, ..,, .., ,, .., ,..;,:: .:. 。,:; ,::  .., ,..;,:: ..;;: ..,, ;..,, ..:.::  .., ,..;,
,:,。o。'.:o。o:'。,゜.; o。o.:;,゚。.:. ::o:;,:,0。o.: .:@。.:;,::o゚.,。,:,0。o.: '.:.。:。o0o。o:.:.::o。o.:;,゚。.:.,:; ..;;:o。
:.:゙,o。o0;、,:'.:o。o:'"'.:@。.:;,:;(@)o,:'゚.,。o;:;,':,:,。o。.:.::o゚.,。。(@)o゚;.,:;o ;;:;,:,0。o.: '.:.。`:。o0;。o。.:.
:.:゙,o。(@)o0;、,`:'.:o。o:'"'.:@。.:;,`:;(@)。(@)o,`:'.:.::o゚.,。o;:;,':,:,。o。(@)o゚;.,:;:,0。o.: '.:.。o ;;:;,`:;,
:(@).:゙,:;。(@)o゚,。o。(@)o゚,"'.:.:;,。(@)o゚`:;,`:'.:o。o:'.; (@)∴@:.:;,`:;,':,:;.,:;.:(@):o: '.:.:∴@:.:;,`
o ;@。(@);; ∴o。o゚。o゚@ ;; o(@)。,゜.; ∴@;; o゚.,。(@)。o ;; ゚:,0。o ゚(@)'.:o゚.,。;;`(@):o。o:'
。o゚@ ;; o(@)。,,0。o ;; ∴o。゚(@)'.:o゚.,。o ;@。(@)o゚;;`゜(@)。o ;; ゚:(@):o。o:'.; ∴@;; o゚.,。
0。(@)o ;; ∴@ o(@) (@)(@)。o:'.; o(@)゚:. o; o(@)。,(@)o゚:(@):(@)o0。゚(@)o ;; ∴
(@)o ;;.; o(@)゚:. o ∴@ o(@) (@)。,(@)o゚:(@)(@)。o:'.; o(@)゚:. o; o(@)。,(@)o゚:(@):
。o゚@(@)o0。゚(@)o ;; ∴(@)o0。゚@(@)。,(@)o゚:(@)(@)。o:0。(@)o ;; ∴o(@) (@)(@
(@)(@)。o;;.;@(@)。,(@)o゚:(@) o(@)゚:. o0。゚(@)o (@)o ;; o(@) o:0。(@)o(@),(@)o
ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|ヽ|〃ヽ|〃ヽ|〃ヽ|ヽ|〃ヽ|〃


web拍手 by FC2
関連記事
ブログ内検索
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

やる夫遊歩道@管理人

Author:やる夫遊歩道@管理人
やる夫系の話をまとめてます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: